思った以上にハイキングは辛いことが多いです。
体をごまかしてゴールまで来たとしても、終わったわけではなく終りを迎えるのは降りきった時です。
帰りは疲れて進めなくなっても、先があってはやめられませんから、体力を蓄えるよう準備運動をして体の調子を滑らかにしてから出かければ問題なしです。
ハイキングで訪れると、いつもは見たことのない草花を発見することがあります。
めったに見ないために抜いて持って帰りたくなりますが、山に生息する草花は大事なものですから何があってもとらないようにしましょう。
覚えておきたいなら絵にしたり映像の形で残してください。
大切な草花をだめにしないように正しい道以外は歩かないように考えてください。
ハイキングにはおおよそ何時間あれば帰ってこれるかという時間が存在します。
予定をたてるときはパンフレットの時間を参考にしてもらいたいですが、余裕を考えないで先に進めようとしても、何かの問題が起きて思ったようにはうまくいかなかったりします。
暗くなってしまうと困りますから、予定を考えるなら空きを入れてやれるなら太陽が高いうちに戻れるようにたててください。

http://www.soireesalsa.com