子どもの七五三に着るものはだいたい定まっています。
悩むことは母親の着る服についてですが、もっともおすすめしたいことは着物だと思います。
しかし子どもが幼いと簡単に動けない着物は使いにくく、今は洋服にする方が多数です。
主役ではないからと普段着を選ぶ方も多いのですが、正式にはフォーマルなものを選択しましょう。
小さな子供には和装には馴染みがありません。
歩かなくなってしまうとつらいですから、七五三の日が来る前に練習してください。
着付けすることは厳しいですが、浴衣などを利用すれば着せることも簡単なので、足袋をどう履くか、草履の練習も一緒に、着物を着てから着替えるまで脱ぎたくならないよう、慣れてもらいましょう。
何度か練習しておけば、着心地悪いとはだけてしまうことはありません。
七五三を祝う年齢は数え年にするのか満まで待つべきなのか、頭を痛めます。
子どもが早生まれのときは特に考えますし、できるならば兄妹を同時に祝いたく思いますが、特定されていることは存在しません。
どちらの場合でも大丈夫ですから、悩みすぎずに自分たちにとって出来そうな方を選びお祝いしてあげるようしたほうがきれいに七五三のお祝いをすませることができてすっきりします。

http://xn--n8jydrepiza8czewcn9b7b1216dooo159k.xyz/